MISSION

アライドは、クライアントが、資本の提供者である投資家に対し、企業価値向上という責任を果たす上での一助となり、もって経済資源の効率的配分と経済発展に貢献することを使命と考えています。そして、クライアントがリスク及びリターンをダイナミックに調整、最適化し、継続的に企業価値を向上する有力な手段として、M&Aを位置づけています。M&Aをゼロサムのマネーゲームに貶めることなく、真にクライアント及びそのステークホルダーの利益となり、また、社会的にも評価される経済行為とすることを心がけています。

APPROACH

アライドは、企業価値向上という見地から、クライアントの中長期的な戦略シナリオにフォーカスし、その実現、達成に至るプロセスを効率的ならしめる現実的なアプローチを採用します。アライドのアプローチは、一貫して以下の方針に基づいています。

戦略性
一般的に、企業価値向上とは継続的な経営活動によって達成されるものであり、M&Aは重大な経営活動ではありながら、単独で企業価値向上を達成するものではなく、継続的活動の起点として位置づけられるべきものです。起点における僅かなズレは、時間の経過とともに拡大し、取り返しのつかない誤差になる可能性もあります。アライドは、起点としてのM&Aにおける方針策定に当り、クライアントと長期的な戦略を共有し、慎重にベクトルの方向を定めます。
効率性
企業価値最大化に際しては、時間的、金銭的費用の最小化も必要です。アライドは、プロセスを最短かつ最適とする最も効率的なアプローチを採用し、最小の費用負担で最大の企業価値向上を実現ならしめることを重視します。また、自らの提供するサービスも、クライアントが必要とするサービス範囲にフォーカスし、その限られた範囲で、経験と創造性に基づく付加価値の高いサービスを提供します。
現実性
いかに戦略的かつ効率的なアプローチであっても、それが実現不可能なものでは机上の空論にすぎません。アライドは、クライアントとの長期的な信頼関係を構築し、クライアントにおける様々な制約条件を把握・斟酌するとともに、それを緩和する努力を尽くします。そして、実現可能なアプローチを見極め、最善のものを採用します。

UNIQUENESS

独立性

アライドは特定の金融機関グループに属さない、独立系の投資銀行です。大手投資銀行で問題となる利益相反や社内プロセス等の影響を受けることなく、真摯にクライアントの企業価値向上を考え、タイムリーなサービス提供を行うことが可能です。また、アライドは経験豊富な少数精鋭のプロフェッショナルにより構成されており、クライアントの必要に応じて、外部パートナーとの連携も図ることで、小規模ながらも質の高いサービスを提供します。

国際性
大手の外資系金融機関において、長年投資銀行業務に携わった2人の代表取締役は、クロスボーダーのM&A案件における豊富な経験とともに、国内外に広がるネットワークを有しています。アライドは、独立系の投資銀行でありながら、クロスボーダー案件であっても、国内案件の場合と遜色ない、効果的・効率的なサービスを提供することが可能です。
透明性
アライドはクライアントに対し、自らの提供するサービスの内容及び範囲を明確化します。クライアントのニーズに応じたサービスを、明瞭なフィー体系で提供します。
このページのTOPへ戻る